×

市松格子の家
市松格子の家
Comment

計画地は大和田住宅仙台さんとの協同プロジェクト「北根の森フォレスト」の一角。敷地東側の崖上に接道を設けた特殊な敷地に高さ2mの擁壁を設け、整地されたフラットなエリアに建物を配置しました。

崖上や周りの民家からの目線を遮りながら採光を確保できるパティオとテラス、中央に設置されている螺旋階段上部に設けられたトップライトにより1階まで柔らかい採光が確保され、カーテンレスの明るい空間となるよう計画しました。

中央に配置された螺旋階段を建物のメインとし、その周りに居住空間を設けることにより格子状の間取りとなっています。その間取り形状を活かし、フローリングと天井の梁方向を市松状になるようデザインし、各居住空間を緩やかに繋げています。

また、内壁の塗装や断熱材などを自然素材とすることで自然な調湿、断熱が可能となり、建物内部が快適な空間となっています。







PICK UP