×

Home > Works > ツインボックスハウス
a

作品集

ツインボックスハウス
  • 用 途:専用住宅
  • 所在地:仙台市泉区
  • 竣工:2008年9月
  • 構造規模:木造 地下1階・地上1階建て
  • 担当者:佐藤 忠幸、加藤 綾
  • 建築面積:120.96㎡
  • 延床面積:107.55㎡
  • 設備:
    エコジョーズ(ガス)、温水床暖房(1階)、パネルヒーター(地階)
#宮城
解説

Comment

計画地は40年程前に造成された宅地で路と宅盤に玉石積で2mほどの高低差があり、築35年の家が建っていました。70坪ほどの平坦で広く明るい敷地を生かし平屋建ての伸びやかな空間を配置すると共に、外階段からの不便な出入りを解消するため一部を地下として道路レベルから家に出入りできるよう計画しました。道路側からの外観には窓を設けず、コンクリート打ち放しの新しい擁壁・温もりを感じる木貼の外壁とアルミのルーバーで構成し、閉鎖的でありながらも内部空間への期待を持たせ、同時にプライバシーの確保にも繋がっています。地下の玄関からルーバー越しのやわらかい光に導かれ1階へと上がると、明るく伸びやかなワンルームのような内部空間が広がります。フラットな平面にアルコーブテラスや中庭といった外部空間を配置することで内部空間同士や内と外が穏やかに繋がり、たっぷりの採光と通風が確保されます。こうした繋がりやキッチン・浴室等の水周りを中心とした回遊性のある空間は奥行と変化をもたらし、生活動線においてもコンパクトで効率的な計画となっています。
又、家族の一員である2匹の犬には専用のドックヤードとテラス空間を自由に走り回れる様、専用の出入り口を設けました。

  • Follow Us
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • LINE
  • 友だち追加

資料請求・ご質問など
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

  • Follow Us
  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • LINE
  • 友だち追加